二子新地の家

築30年の木造アパートの1階、庭と縁側のある一室の改修。
使いやすい間取りは生かしつつ、生活の一部として庭を取り込む改修です。
スケルトン状態にして耐震補強を行った上で、垂壁・袖壁を一部撤去。
茶の間の雪見障子越しに庭が眺められる明るい食堂、
既存の玄関に合わせた落ち着いた色調の広間を計画しました。
一方で、玄関・廊下・浴室は30年前の仕上げを生かしています。

・所在地   神奈川県川崎市
・用途    専用住宅
・工種    改修
・住戸面積  71㎡(21坪)
・改修面積  43㎡(13坪)
・工事費   1000万円台前半
・設計監理  後藤智揮・神戸美音
・構造監修  堀内綾乃
・現場監督  高野公久(クイックベンリー)
・カーテン  安東陽子デザイン
・設計期間  2011年10月-2012年2月
・施工期間  2011年12月(解体) 2012年3月-5月(本工事)
・写真撮影  國枝琢磨