千駄木の家

住宅密集市街地の狭小地に立つ木造3階建て住宅の計画案です。
平面中央の主柱(燃え代設計)のまわりに、生活が展開していく空間で、
スキップフロア状の断面構成とすることで、採光(敷地奥まで光が届く)、
通風(レベル差を利用)、視線の抜け(居間と台所/食堂での段差利用)に配慮し、
居心地のよい空間となるようにしました。


・所在地    東京都文京区千駄木
・用途     専用住宅
・工種     新築
・構造     木造3階建
・敷地面積   49㎡(15坪)
・建築面積   35㎡(11坪)
・延床面積   99㎡(30坪)
・想定工事費  2000万円台前半
・設計     後藤智揮(後藤組設計室)
・設計期間   2015年11月-2016年2月