姉ヶ崎の家

千葉県市原市の住宅街に立つ3人家族のための平屋です。プライバシーは確保しながらも、近隣に対してほどよい距離感を保てるコートハウスを計画しました。東西に長い敷地を生かした中庭、西庭、東庭の3つの庭から成っており、軒先で切り取られた中庭の空だけが見える居間を中心に、西側の落ち着いた雰囲気の街区へはオープンにする一方で、通過交通の多い東側へは水回りや収納を配してクローズにしました。中庭まわりの回遊性、浴室-洗面所-家事室-WIC-寝室へ動線、収納を充実させたプランニングとシンプルな大屋根が特徴的です。

大屋根は等間隔で並んだ登り梁、それを受ける桁(居間は重ね透かし梁)及びそれを支える四隅の五寸角柱によって支えられています。架構は全てスギの製材。中庭を通して室内へ導かれる光を軒先で制御し、この地域特有の東西の強い風を取込めるように配慮しました。一般的に中庭型にして開口部を増やすことは外皮性能を下げる要因と言われますが、実際は外皮計算の結果以上に快適に暮らせるのでは、と考えています。

所在地 千葉県市原市
用途 専用住宅
工種 新築
構造 木造平屋建 在来工法 ベタ基礎
敷地面積 346㎡(105坪)
建築面積 115㎡(35坪)
延床面積 113㎡(34坪)
工事費 3000万円台後半
設計監理 後藤智揮(後藤組設計室)
構造設計 村田龍馬(村田龍馬設計所)
施  工 吉田雄治(現場監督) 濱田隆彦(棟梁) (かしの木建設株式会社)
設計期間 2015年5月-2017年11月
施工期間 2017年12月-2018年6月
ごも日記 「姉ヶ崎の家」編
仕様概要 断熱性能等級4(Ua値 0.86)、耐震等級3
屋根:ガルバリウム鋼板平葺+通気層+スタイロフォーム3種B計100mm(屋根断熱)
外壁:杉赤身材縦貼+通気層+高性能グラスウール105mm(充填断熱)
床 :ヒノキ無垢材、 基礎:スタイロフォーム3種Bt=50mm(基礎断熱)
暖房:ガスFF式ファンヒーター

ページトップへ