立川の家

3人暮らしのための住宅です。この家づくりは土地探しからスタートしました。様々な可能性を検討し、たどり着いたのは住宅街の旗竿地。建設には建築審査会の許可が必要な土地だったため、同規模の土地よりもコストを抑えられたこと、また学生のときに住んでいたアパートの近くで、思い入れのある地域だったことも決め手になりました。

この敷地は南北に長い昔の農道(約500m)に接しています。周辺の建物配置にならって、周りと連なるように庭を南に配置しました。間取りは庭に面してシンプルに、下階は居間や台所、書斎が広々とした「下のテラス」に、上階の個室や客間はコンパクトな「上のテラス」にそれぞれ面するように計画。対照的な「2つのテラス」によって、「内と外」の関わり方がより生き生きとなるよう意図しました。架構は地域材(飯能の西川材)、床はヒノキ・スギ板、壁は珪藻土としたシンプルな構成です。

所在地 東京都立川市
用途 専用住宅
工種 新築
構造 木造二階建 在来工法 ベタ基礎
敷地面積 157㎡(47坪)
建築面積 59㎡(18坪)
延床面積 108㎡(33坪)
工事費 3000万円台後半
設計監理 後藤智揮(後藤組設計室)
構造設計 村田龍馬 岡村麻耶 小坂大和(村田龍馬設計所)
施  工 高橋英博(現場監督) 山口伸一(棟梁) (友伸建設株式会社)
設計期間 2018年9月-2019年3月
施工期間 2019年5月-2019年12月
ごも日記 「立川の家」編
仕様概要 断熱性能等級4(Ua値 0.60)、耐震等級3、フラット35SAプラン
屋根:ガルバリウム鋼板+通気層+スタイロフォーム3種B計90mm(屋根断熱)
外壁:リシン吹付け+通気層+高性能グラスウール105mm(充填断熱)
内壁:珪藻土(一部AEP)仕上げ
床 :ヒノキ、ヒノキ無垢材
基礎:スタイロフォーム3種Bt=50mm(基礎断熱)
冷房:エアコン 暖房:ガス温水式ファンヒーター

ページトップへ